保証人と連帯保証人の違いとは

自分はキャッシングを利用しなくても、親族や知人がキャッシングを利用する際に保証人になる可能性があります。

 

金融機関などお金の貸主は借主が返済できなくなった時に保証人に返済の取り立てが行われます。
更に「連帯保証人」という言葉もありますが、連帯保証人になると借主と同様に返済義務が生じます。

 

保証人

貸主は借主か連帯保証人のどちらでも返済の取り立てを行うことができ、連帯保証人が複数人いる場合はもちろん全員に同じ額だけ返済義務が生じます。

 

最近のキャッシングでは保証人も連帯保証人も不要という所が多く、住宅ローンなど高額の融資を受けた時に必要になることが多いです。

 

実際に「連帯保証人になって債務を肩代わりして自己破産した」というトラブルになったという話も多く、トラブルを避けるためには安易に引き受けない方が賢明かもしれませんが、親族から依頼された時などやむを得ない場合もあるでしょう。

 

連帯保証人になって万が一問題が発生した場合は弁護士などの専門家に相談しましょう。